遺産相続3

相続とは、人が亡くなったときに、その人の配偶者や子などが財産を引き継ぐことをいいますが、そのとき、亡くなった人のことを「被相続人」、財産を取得する人を「相続人」といいます。日本の法律では「法定相続人」という形で財産が相続できる人が定められています。

具体的には、相続人になれる人は、まず配偶者が挙げられます。またその次に、順位に応じて相続できる人が定められています。順番に「子(既に死亡している場合には孫、孫も死亡している場合には、ひ孫)」「親(既に死亡している場合には祖父母)」「兄弟姉妹(既に死亡している場合には甥姪)」とされています。

民法の定めではこれらの順位にそって相続人が決められ、上位順位の相続人が1人でも存在していれば、下位順位の者は相続人になることはできなくなります。たとえば、亡くなった方に配偶者と子がいるとしたら、妻と子だけが相続人となり、親が生存していても相続人となることはできません。また、亡くなった方の子はすでに他界している場合でも、その子の子(亡くなった方の孫)がいる場合は、孫が自分の親(亡くなった方の子)のかわりに相続する・・・という流れになります。

ただ、配偶者と同様の立場であっても、内縁関係である場合や事実婚の形式を選択している場合などは、相続人になることはできません。また、非嫡出子の場合(法律的に婚姻関係のある夫婦の間の子でない場合)に関しては、認知をされていれば相続人になることができます。




今の自分と言うものにとってどのようなネット生保の選択がいいのでしょうか。保険のことを知らなくて進められるままネット生保に入る人もいます。納得できる保険の選び方はあるのでしょうか。ネット生保に入っている人がほとんどです。年齢や家族の状況によってその他にも老後のため等どんな目的で保険を契約するかで保険はかわっていきます。ネット生保で保険を考えましょう。
ネット生保について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9234.htm



自動車保険や車両保険選びの問題はどのような車でも誰しも悩む問題です。自動車保険や車両保険問題の解消について気楽に考えてみることです。自動車保険を選ぶには自動車保険のプロに話を聞いてもらうのも重要な注意点です。自動車保険や車両保険の見直しについてけっこう難しいことになりますが何とかなるでしょう。
自動車保険
自動車保険選びネットから
hoken-erabi.com/

雑誌などで生命保険の保険通販が急増したようです。保険会社や保険代理店がネットを介しての保険や医療入院保険で分かります。インターネット保険や共済で保険比較を対応してもらえます。大切なのはここです。それが保険の見積りで大切です。-

自動車保険をつかって保険を比較するのは随分と面倒なことなのです。ちゃんとした自動車保険を選択していくことはそんなにやさしくありません。しっかり選びます。保険の比較は大切なことになります。落ち着いて考えて比較検討して保険の見直しをしてもらいましよう。それが重要です。様々な自動車保険比較ができます。-