遺産相続4

相続というと、遺産を受け継ぐことを想像する方が多いと思いますが、実際に相続対象となる財産にはプラスの財産(預貯金、現金など)のほかにマイナスの財産(負債)が存在する場合があります。基本的に相続人となるのは配偶者と子・親・兄弟姉妹・・・と順位ごとに法定相続人が定められていますが、必ず相続しないといけないかというとそうではなく、相続を放棄することも可能です。相続放棄の手続きは、プラスの財産よりマイナスの財産が上回る場合に行われることが多いようです。

この相続放棄をするためには、家庭裁判所の許可が必要となります。期限は、自分が相続人となったことを知った時から3か月以内に行わなくてはなりません。注意しなければならないのは、この3か月以内に何もしなければ、自動的に相続を承認したということになり、それ以降に相続放棄することができなくなってしまう点です。また、相続する財産の一部を処分してしまった場合などは、相続放棄ができなくなりますので注意が必要です。

また、相続を放棄した場合、その財産は同順位の相続人がいる場合はその相続人に上乗せされ、同順位の相続人がいない場合は下順位の相続人が繰り上がることとなります。そのため、たとえばマイナスの財産がプラスの財産より上回っているために相続を放棄する場合などは、下順位の相続人の不利益となるケースが多いため、繰り上がって相続人となる対象の方には、事前にしっかりと事情を説明しておくことが必要となるでしょう。




学資保険は良く知られた保険種類でしょう。学資保険とは死亡保障でもあります。親の死亡時も確保できる保険です。学資保険には解約した時に多額の解約返戻金が生じるものもあります。学資保険についてみてみましょう。-


保険ショップでは確り比較し検討して人生設計のことを決めましょう。それが大切なことなのです。幾つの時に結婚しようか家を持とうか考えることでライフプランや生命保険は変わります。誰かに相談したりしてライフプラン設計に望まないといけません。保険ショップでもよく考えましょう。
保険ショップについて|保険ショップインフォ→クリック

 保険の入口は、自分にとってのどう着地させるかという問題です。簡単とは思えないのです。JA共済など、保険だけではありません。共済の種類は複雑です。その共済についての保障対象と保障内容はもちろん大きく違っています。こんな変わった共済について比較するのは大変です。-

保険の正しい考え方を学ぶことで損しない生命保険を失敗せず選ぶことができるようになるかもしれません。生命保険の保険相談もあります。まず考えなくていけないことの一つは保険ショップで生命保険相談。その見直しを落ち着いて考えて見比べて生命保険を決めましょう。生命保険を自分で決めることはそれはかなり大変なことなのです。-