遺言分割2

遺言を残すといっても、定められた形式にそって遺言書を残さなければ、せっかく作成した遺言書が無効となってしまうことがあります。公正証書遺言など、公式の文書として手続きを踏んで作成する場合には、形式の不備で無効になることはほとんど起こりませんが、自分で作成した場合には、作成形式に不備があって無効となってしまうことも決して少なくないようです。一般的に起こりやすい間違いや不備には、どんなものがあるのでしょうか。

代表的なものをいくつか挙げてみましょう。まず、「日付が入っていないこと」。年月日を正確に記す必要があり、たとえば「●月吉日」といった表記は認められません。また、たとえ夫婦であっても共同で遺言を残すことはできませんので、必ず一人で作成します。そして、必ず遺言者が署名をし、押印することが必要です。遺言書が2枚以上になったときは、必ずホチキスなどでつづり、署名・押印を行った印鑑で押印します。

不備となりやすいものをざっと挙げただけでも、結構な注意点がありますね。せっかく作成した遺言書が無効となってしまわないためにも、形式はしっかりと把握したうえで作成するのがオススメです。また、不完全な遺言はかえって相続人たちの間で争いごとを招きかねません。正確に作成する自信がない・・・という方は、少し費用はかかり、手間もかかりますが、公証役場で作成する公正証書遺言を作成する方法も検討してみてはいかがでしょうか。




多様な保険商品があります。保険会社は絶えず新しい保険商品を販売してきます。その中から、自分に最適なものを選びます。ちゃんとするためには生命保険相談はプロの力を借りることです。生命保険の選択はそれはかなり大変なことなのです。自分の病歴は?どんな年金制度ですか?考えることはたくさんあります。
保険相談について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/soudan/



家族の生活資金を考えてネット生保を考えます。自分に合うネット生保とは何なのでしょう。どの人にとってもネット生保に入っているのです。しかし保険の内容が自分の頭に残っている人というのはほとんどいません。生きていく上でリスクとは背中合わせです。ネット生保があることで救われた人は多くいます。保険選びをするのならネット保険保険の比較して納得しましょう。-
医療保険収入保障保険や節税の保険のことを自分から学びましょう。驚くべきことが多いことでしよう。生命保険や医療保険そして三大疾病を保障する保険や火災保険そして定額の一時払いの年金保険と複雑です。とりあえずは保険マンモスでの相談を検討しましょう。-

よく比較検討して保険を考えましょう。それが大切です。簡単に決めずに保険の見直しに望まないといけません。年齢によってもまた性別によっても保険料等は変わって当然なのです。保険の見直しは大切なポイントです。-