事業承継3

事業承継には大きく分けて3パターンあり、「親族へ承継する」「親族以外の従業員や役員に承継する」「M&Aで承継する」というパターンがあります。では、親族以外の従業員や役員に承継する場合の注意点は何があるでしょうか。

親族以外の従業員や役員を後継者とする場合の注意点としては、まず株式の取得などの問題があるでしょう。経営者が株式のほとんどを保有している場合は多いと思いますが、経営を引き継ぐ際、後継者が安定して経営を行っていくためには、一定程度の株式の保有が必要であるといわれます。ですが、後継者自身がその株式を購入することは資金的にも難しい場合が多く、金融機関の融資を受けなくてはならない場合も多いといいます。また、会社の借入金に対する債務保証や担保の負担も、経営者としては必要となります。

こうした事情から後継者となることに抵抗があったり、もしくは家族の反対を受けてしまうケースもあります。だからこそ、後継者は短い期間で決めるものではなく、じっくりと時間をかけて早いうちに決定し、後継者としての教育を行うとともに株式の譲渡や購入も少しずつ進めていく必要があるでしょう。債務も、事業承継を行うにあたって可能な限り圧縮できるようにしておくと良いと思います。

また、経営者に子供や親族がほとんどいなくて後継者を親族以外から選ぶなら良いのですが、親族がいる場合は配慮が必要です。会社を継ぐ気はないと言っていた子供が、急に継ぎたいと言い出して、後継者候補とトラブルになったというケースもありますし、経営者以外の親族が多くの株式を保有しており、見直しが必要となるケースもあります。時間をかけて十分に理解を求め、協力してもらうことが必要となるでしょう。




生命保険をきっちり選んで契約することを安易に簡単に考えないことです。相談会に出向き保険会社の人に保険の提案をしてもらうのも効果があるのではないでしょうか。生命保険見直しは相談することを考えましょう。保険見直しをしてみましょう。良かったと思うかもしれないです。保険見直しは悪くないことです。
保険見直しについて|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/minaoshi/



生命保険を選ぶのは保険比較からです。思い込みを捨てて生命保険の比較に望まないといけません。その見直しを落ち着いて考えて見比べて保険の見直しや比較をしてもらいましよう。それが大切なことなのです。選んだ保険種類によって生命保険の条件は変わってしまいます。保険の比較は大切です。自分の意向と向かい合うことがいいのです。-
生命保険を誰に相談しますか。家族のライフプラン問題について意見を伝えておけば心配するほどではありません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと自称する営業マンもいます。どのようなコンサルをしてもらえるかでどう生命保険がプランニングされるのかが決まると言っていいでしょう。ファイナンシャルプランナーと生命保険の意見を参考にしましょう。コンサルは役に立ちます。-

後悔しない保険見直しができるか、生命保険について簡単に考えないことです。保険かけ直しをするということはどの家庭でもずいぶんと困る問題です。後悔しないように解決するために考えて確り意見を持っていれば意外にいい結論になります。みつばち保険ファームなどの保険ショップでの保険無料相談も使えるので、プロと話すことが重要です。-