債務整理3

債務整理に関するうわさには様々なものがあります。そのなかのひとつが、「債務整理をすると職業が制限される」ということ。職業が制限されるというと大事にとらえてしまいがちですが、制限されるのはごく一部の職業です。まず、債務整理にはいくつかの方法がありますが、そのうち、任意整理や個人再生を行った場合は、その後の職業に影響はありません。当然ながら、選挙権や被選挙権などの公民権もなくなりません。

職業に制限がかかるのは、自己破産の場合です。自己破産の場合には資格制限がありますので、弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、行政書士、宅地建物取引主任者、警備員、生命保険の外交員などの資格を持つことはできないほか、以前にもっていたとしてもその資格は失うこととなってしまいます。ですが、永久に喪失したままかといえばそうではなく、破産者が免責決定を受けることができた場合は、この資格制限もなくなります。つまり、自己破産をしたからといって一生これらの資格を取得することができないわけではなく、破産手続きをしている数か月の間だけの制限となります。

こうした債務整理に関するうわさは様々なものがあり、債務整理を考えていてもそれらがネックとなり、二の足を踏んでしまう方は少なくないようです。不安に思う方は、まず弁護士の方など専門家に相談してみるところから始めると良いでしょう。相談しただけでいきなり資格制限がかかるわけではありませんし、正確な説明を受ければ、様々な誤解も解けるはずです。




生命保険を考えるのはそんなに易しいことではありません。問題が起こらないような生命保険は高額な保険料を払うもので、選択することは保険を見積もることです。だから専門の保険代理店に保険見積りをを依頼することが大切なのです。
日本生命の保険商品のページ
hoken-erabi.net/seihoshohin/com01.htm



最初の子が生まれた時のこと。生まれる前にいろいろ考えたのは子の名前をどうするかということですが、学資保険は必要か悩みました。インターネットで検索したり保険会社ごとにすべて調べて、設計書を取り寄せたり…といろいろ続けました。学資保険は比べないと分かりません。保険ショップで選びます。
大阪市での保険相談について|保険ショップインフォ
http://www.hoken-shop.info/area/111/

医療保険選びを必要とするならばどのような保険のプロと相談するのか良いのでしょうか。どんな立場で相談に応じてもらえるのかは極めて大切なことがらです。専門家にいろいろな相談を投げかけてみるのもいいことです。
医療保険について|保険選びnet
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/iryohikaku01.htm


様々な保険会社が生まれたことで様々な保険の比較が簡単にできます。驚くほど割安な生命保険もできるようになりつつあります。ただし保険選びは大変。しっかりとして方向性を付けておくことです。どの保険とどの保険とを組み合わせるかというやり方がコマーシャルで見受けるようになっています。保険見直し本舗などの保険ショップも訪ねましょう。-