土地活用4

所有している不動産の活用方法として等価交換を選択するという人もいるでしょう。これは、そこにビルやマンションを建てたいという業者などとの間で、提供した土地の価値に相当する建物の一部を取得することができるものになります。そのことで、たとえば自分の住まいとして利用するといったこともできますし、部屋単位の賃貸経営に利用することもできます。もちろん共有部分の権利もあるので、利用していくなかで不便を感じることもないはずです。

具体的な例として挙げるならば、時価が3億円の土地に6億円のビルを建てたとします。その場合には、建物のうち2億円分と、共有部分の1億円分を地主分として取得することができるようになります。建設費用を負担することもありません。建設費用の負担や経営リスクを負いたくないと考えている人などにとってはメリットのある方法だと言えるでしょう。自分の住む場所としても確保しておくことができますし、譲渡税の優遇措置を受けることもできます。

ただし、共有部分と建物の一部以外は他人の手に渡ってしまうという点については、よく考えておく必要があります。事実上の所有権は喪失することになるのです。建設の費用がかからないというメリットだけに気をとられて、大切な不動産を手放してしまうといった結果にならないようにしましょう。そして、税金対策としても、取得した建物の一部でも、等価交換をした場合では土地として税務上は扱われることになることも知っておきましょう。




保障と生命保険の考え方。子供ができて痛感することは生命保険の大切さなのです。交通事故なので自分がいなくなってしまったのなら家族は生活費が無くてはいけないので、生活に困らないぐらいのお金を用意してやらないと即座に生活に困ってしまいます。今でも貯金などもあまりないこともあって、無理して働いて貯金しているのですが。そんなふうに過ごす毎日なのです。生命ほけはきっちりと入っています。住友生命の保険商品です。-


自動車保険もよく考えましょう。自動車保険に入ることを損な楽なことだと思わないことです。自動車保険に入ることををなめないように。照会などしてもらって損害保険に詳しい人に保険の必要性などを考えてもらうのも悪くないことです。自動車保険と車両保険はよく考えることで納得できるものになります。自動車保険通信販売を見てみましょう。
自動車保険通販について|自動車保険選びネット
http://www.hoken-erabi.com/list1901.htm

様々な保険会社が競争することになったので驚くほどネット生保の割安な生命保険も提案されるようになってきています。保険を比較して入るという新しい方法が広がりつつあります。ライフネット生命が生まれそのリーズナブルな生命保険を選ぶことができます。-

相続対策のポイントについては資金的な負担も生じることがあり苦労する問題点でもあります。相続ポイントを解決するためには遺産分割協議や相続手続きについて安易に決めてしまって入れません。相続対策について保険を使った対策がかなり役立ちます。相続対策については検討しましょう。
相続対策について|バードレポート
http://www.bird-net.co.jp/cat4601.htm